アルギニンとオルニチンの違い?


オルニチンの事を調べてゆくと、アルギニンと言うものに出会いました。
029465この、アルギニンって、何なのか?

少し調べて見て、分かったことですが、オルニチンと同じような働きをしますが、オルニチンと得意分野が少し違うと言うことです。

オルニチンは、肝機能の働きを強化するアミノ酸ですが、アルギニンは、成長ホルモンの分泌をします。
もちろん、肝機能にも働くこともします。

そして、アルギニンもオルニチン同様、脂肪を燃焼することも可能なアミノ酸なので、オルニチンとは兄弟分と言うことですね。

でも、オルニチンは、一酸化窒素を生成できないのに対して、アルギニンは生成することが可能です。

この、一酸化窒素の生成は、血管を拡げたり、血栓を予防したりするので、私たちの血管を守ってくれる大切な役割をしてくれるのです。

つまり、一酸化窒素はアルギニンから作られるのです。

アルギニンの成長ホルモンの分泌

悩んでいるオジサンイラスト成長ホルモンと言えば、子供の頃、「身長が〇〇センチ伸びた」とか・・など、目に見えて成長してゆくことが分かります。

まさに、この成長ホルモンの働きによって、子供が成長して、大人へと近づいて行きます。
そして、新陳代謝が盛んに行われてゆくことになります。

この代謝を高める働きが体内での免疫効果につながったりして、体全体を活性化させる働きをするのです。

でも、成長ホルモンは年齢と共の少なくなる傾向をもっているので、子供の時のような強い成長ホルモンの活動はしなくなります。

むしろ、中年と呼ばれる年齢になると、成長期と比べて約半分に減ってしまいます。
このことが、私たちの体にダメージを与えることになるのです。

免疫力低下

成長ホルモンが少なくなると、免疫力が低くしたり、筋力が衰えたりします。

まず、免疫力が低下すると、外部からのウィルス侵入により、病気にかかりやすくなると言うことです。

それだけではなく、体全体に良くない影響を及ぼします。

でも、この免疫力を高めるのが、アルギニンです。

オルニチンと同じように、補給することによって、成長ホルモンの低下をくいとめるのです。

そして、減少する傾向のあるものは、サプリメントで補うことで健康を保つことが出来るのです。

協和発酵バイオのアルギニンで、免疫力を高めてより、快適な生活をゲットしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ