オルニチン回路(サイクル)とは・・


ドクターからのアドバイスシジミにたっぷり入っているオルニチンは肝臓の機能を助ける働きがあると言うことは既にご存知だと思います。

そして、オルニチンは疲労回復にも良いとされていますが、肝機能が良くなれば、疲労も回復してゆくと言うことです。

よって、全て、肝臓が関係していると言うことです。
それで、オルニチンが、どのようなメカニズムで疲労を回復するのか?

どのようにして、肝臓を助けるのか?・・・
この疑問の答えは、オルニチン回路(サイクル)です。

では、オルニチン回路は何なのか?・・を説明して行きましょう。

オルニチン回路によって、疲労が回復する

オルニチン回路図疲労の元と言われている、アンモニアですが、私たち生きものにとって有害です。

そのアンモニアを尿素に変化させて、無毒化させる経路が「オルニチン回路」または、尿素回路とも言われている代謝経路です。

このことによって、エネルギーの産生を助ける働きをします。
そして、オルニチンは再生されて、再び回路に入ります。

この、オルニチン回路によって、疲労が回復すると言う効果を発揮します。
そして、肝臓全体の働きとして、尿素を再生したあと、オルニチンは肝臓に再生されます。

その後、オルニチン回路の働きをより、活発にすることで、ミトコンドリアの働きを助けて、肝臓全体の機能を保たせると言われています。

このようにして、肝臓の機能を助ける力となるのが、オルニチンなのです。

アルコールを分解して二日酔い解消

ビールを飲んでいるオヤジお酒を飲むと、アルコールを分解させることが必要です。
このアルコールを分解して、正常に戻す働きをするのもオルニチン回路によるものです。

アルコールを分解するプロセスにも、有害なアンモニアが発生するので、オルニチン回路によって、無毒な尿素に変化させています。

このことは、二日酔い解消にも効果があり、肝臓の負担も軽減させているのです。

肝臓が疲労を回復させているので、お酒は、ほどほどに・・

肝臓を悪くすると、全身に渡って疲労します。
つまり、肝臓だけ疲労しているのではないと言うことです。

お酒はほどほどに・・これは、肝臓の働きである、代謝や解毒などに支障を兆すことから、全身に及んで疲労が広まってゆくのです。

このメカニズムは、細胞の中にある「ミトコンドリア」と言う細胞内構造物の1つが常にエネルギー(ATP)を生産しています。

ミトコンドリアは、お酒を飲むなどして、アルコールが体内に入ると「アセトアルデヒト」と言う有害物質が生まれ、その有害なアセトアルデヒトもオルニチン回路で処理をしているのです。

また、ミトコンドリアでのエネルギー生産を妨げるのが、アンモニアです。
アンモニアはミトコンドリアの環境を悪くさせることによって、エネルギーが不足してゆき、肝機能が低下、そして、疲労につながってゆくのです。

よく言われる言葉で・・「お酒は、ほどほどに・・」とありますが、飲酒で有害なアンモニアを多く作れば、当然、肝機能が低下して、全身が疲労になると言うことです。

ほんとにお酒は、ほどほどに・・ですね。

↓オルニチン配合量が多いオルニパワーがおすすめ↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ