協和発酵バイオ オルニチンの飲み方


元気な二人協和発酵バイオのオルニチンはサプリメントなので、いつ飲んでもいいと言うことなんですが、もう少しこだわって、より有効に、オルニチンを摂りたいと思います。

まず、サプリメントは、健康補助食品に属しているため、薬とは違います。

薬は病気を治す目的に対して、サプリメントは予防するとか、不足しがちなものを補うと言う位置づけです。

よって、飲んで直ぐに効果が出る薬とは違ってきます。
でも、薬だからと言って、サプリメントの役割は出来ません。

特にオルニチンのような、遊離アミノ酸の働きは、薬では不可能だと思います。

では、オルニチンの飲み方ですが、適量の6粒を寝る前に飲む方が多いと思います。

もちろん、朝に3粒飲んで、寝る前に3粒飲むのもOKです。
しかし、よく言われているのが、サプリメントは眠っている間に働き出すのではないか?・・と言うことなんです。

gnkiそして、サプリメントは飲むタイミングや飲み方よりも、長く続けることが大切なのです。

不足しがちなものを補うと言うことなので、毎日続けなければ、蓄積されないと言うか・・継続することによって、次第に肝臓を強化すると言うイメージです。

でも、私は、飲んでそれほど、日にちが経っていないのに、寝起きがスッキリと改善されました。

また、お酒の飲み過ぎにも、効果を見られました。
今まで、飲み会が近づいて来ると、胃の調子が不安になったりしていたのですが、オルニチンのお陰で、全く気にしなくなったのです。

オルニチンを飲んで期待出来ることは?

免疫力が高まる

協和発酵オルニチンオルニチンは免疫を担う細胞を元気にさせ、そして、細胞を活性化させるので、免疫力が高まります。

免疫力が高まれば、風邪をひきにくくなったり、病気や怪我の回復も格段に良くなります。

特に、無理なダイエットで低体温になったりしているときは、オルニチンが効果を発揮します。

疲労回復

暴飲暴食やストレスなどの原因で、肝臓が弱って、そして、疲労が長引いたりします。
この疲れを回復するには、「しじみの力」であるオルニチンが活躍します。

肝臓の危険信号

肝臓が弱ってきたら、肝臓自体の痛みは感じませんが、疲労や身体全体の疲れで危険信号を出します。

このような、危険信号を感じたら、まずは、オルニチンを飲んで身体を休めましょう。

その他に、美容やアンチエイジングにも、期待ができますが、まずは、いちばん大切な肝臓の健康を保つことが先決です。

肝臓の働き

疲労と肝臓

遅くまで残業で疲れが取れない飲み過ぎや食べ過ぎが続くと、肝臓の処理能力が限界になります。

肝臓の働きは、そういった、暴飲暴食の解毒や代謝の処理をしていて、それが、限界になると、脳に疲労のサインを出します。

また、体全体が疲れを感じるようになるので、先ほどのように危険信号を発したりして、無理がきかなくなります。

このように、疲労と肝臓とは、密接な関係があるのです。

アンモニアを解毒する

アンモニア肝臓の働きは、疲労の原因となる、アンモニアの解毒を促進することによって、エネルギーを作り出すことが出来ます。

この作用によって、疲労が回復するのです。

また、お酒を飲むことによって、アルコールを分解する過程で「アセトアルデヒド」と言うアンモニアと同様に、身体を悪くする物質が発生して疲労を招く結果になるのです。

これらは、全て、肝臓の働きによって、アンモニアの解毒を促進させて、疲労回復に向かわせますが、肝臓の機能が低下すると、処理しきれなくなり、疲れが回復出来なくなります。

それを、改善するのが、協和発酵バイオのオルニチンです。

協和発酵バイオのオルニチンは、シジミに含まれているオルニチン効果で、慢性化している疲れやお酒の飲み過ぎなどでダメージを受けている肝臓を修復に向かわせるのです。

↓オルニチン配合量が多いオルニパワーがおすすめ↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ