協和発酵バイオ オルニチンの飲み方と飲むタイミング


オルニチンを飲む協和発酵バイオのオルニチンですが、サプリメントなので、いつ飲んでも問題ありませんが、効果作用にこだわるとしたら、飲むタイミングってあると思います。

では、どのように飲めば、適切に効果が出るのか?・・をお伝えします。

就寝前に飲む

就寝成長ホルモンは就寝直後に分泌されるので、オルニチンの特徴でもある、成長ホルモンを促す効果に期待出来ます。

それから、ストレスをかかえていては、成長ホルモンの活発化は期待できません。

ストレス解消が大切です。
そして、「寝る子は育つ」と、よく言われる言葉ですが、まさに成長ホルモンの効果ですね。

それから、成長ホルモンと言うと、昔から、身長が伸びることが知られています。
また、成長ホルモンは、アンチエイジングホルモンと呼ばれていることもあり、老化を防いだり、若返り効果もあります。

そして、疲労を回復して、元気を取り戻す働きがあります。

運動前に飲む

運動する前にオルニチンを飲むと、運動によって、成長ホルモンが盛んに分泌されるので、疲労感を軽くしたり、脂肪燃焼を促進させる働きがあります。

特に有酸素運動よりも、筋肉運動(筋トレ)に威力を発揮します。

運動の後に飲む

運動の後スポーツドリンクなどを、飲むと、肝臓に負担をかけることがあります。

そういった事に対して、オルニチンは解毒作用があるので、身体の負担を軽くします。

また、運動による、疲労の軽減と筋肉の修復も期待出来ます。

こういった、成長ホルモンの分泌により、筋肉に対して、より、作られやすくなる効果と、細胞分裂を活発化する働きもあるので、新陳代謝に期待出来ます。

新陳代謝が向上すると、お肌の生まれ変わりが活発になり、美容に関しても良い働きをします。
もちろん、髪の毛や身体の機能にも良い影響を与えるので、より、健康になってゆくのです。

運動していて、より早く疲れを取るには・・

運動後の疲れ運動は脂肪燃焼など、ダイエットを兼ねて身体にとっても、良いものですが、疲れが出たりします。

せっかく、運動してリフレッシュしているのに、疲れは、マイナスですね。

では、どのようにして、疲れを軽減すれば良いのでしょうか?
ここにも、回復系アミノ酸である、オルニチンをお薦めします。

私の場合は、オルニチンドリンクを飲んでいます。

協和発酵バイオのオルニチンドリンクは、1本(50mg)飲むことで、しじみ3600個(1600mg)のオルニチンが身体へ働きかけると言うことです。

それから、運動前は軽いストレッチを欠かさないことです。
運動にとりかかる前は、あまり使っていない筋肉と関節はストレッチをして、体を慣らしましょう。

全身のバランスをとると言われている、首と足の指のストレッチをすると、疲れにくくなると言われています。
そして、運動前や運動中も水分補給は大切です。

水分補給は、脱水状態に陥らないことと、体のバテを防いでくれるのです。
運動後は、お風呂で体の血管を広げましょう。

お風呂にゆっくり入り、血行を良くすることが疲れを早く取りやすくなるのです。
是非、このような方法で疲れを軽減して下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ