疲労臭・加齢臭にオルニチン効果


疲労臭がする疲労臭って、疲労が原因となって、汗から発するアンモニアの臭いです。

普通、疲労が無い健康体の場合は、アンモニアは肝臓で尿素となって解毒されます。

そして、尿から排泄されるのですが、ストレスや疲労が重なると、肝機能が低下して、肝臓で毒素を分解出来なくなり解毒できず、血液にアンモニアが増加して、皮膚から直接アンモニアが出て、それが、臭う(疲労臭)と言うことです。

この疲労臭を無くす対策は、ストレスを減らすことですが、十分な睡眠とバランスのとれた食生活はもちろん、血行を促進する軽い運動が有効です。

もちろん、肝機能を高めることが必要になってくるので、協和発酵バイオのオルニチンのパワーが発揮します。

オルニチンは、心のストレスを軽減することができると言われ、血行を促進することもでき、疲労改善に有効なのです。

加齢臭

臭い加齢臭加齢臭はノネナール(nonenal)と言う物質が原因だと言われています。

油臭く・青臭いと言う臭いで、一般的に50代からの男女から発する臭いです。

そして、ノネナールは、皮膚表面の不飽和脂肪酸が酸化し分解反応により発せられるものです。

これも、疲労臭と同じで加齢により、肝機能の働きが低くなって肝臓で毒素を解毒できなくなり、皮膚の表面から臭いが出て来るのです。

また、毎日、アルコールを飲んでいると、アルコールの持つ活性酸素が増えて、継続して、加齢臭を作り出していることになります。

よって、お酒を控えることによって、肝臓に悪影響を及ぼすことを避ける事ができ、加齢臭を軽減することもできるので、お酒を少し控える事をオススメします。
臭いは周りの人に意外に、不快感を与えているようなので、まずは、控えましょう。

汗のニオイがとうもろこしのニオイ

とうもろこし昨年ぐらいから、気になるニオイとして、香ばしい、とうもろこしのニオイがするのです。

夏になると、ニオイが気になるので、体臭と言うか、汗のニオイだと思います。

これについて、ネットで調べてみましたが、分かりません。
でも、意外と多く、Q&Aサイトや、Yahoo!知恵袋などで、質問されていましたが、これという回答は出ていない状態です。

ニオイを消すには、体臭スプレーなどで解決出来ますが、このニオイが何かのサインではないかと考えています。

それで、今のところ、オルニチンでニオイを改善できたとの、投稿を見つけたので、再度、オルニチンをお飲み続けてみようと思っています。

疲労臭や加齢臭の原因は、肝機能の低下にとるものなので、恐らくとうもろこしのニオイも肝機能の解毒が不完全な状態だからだと思います。

何れにしても、一旦飲むのをやめていたのですが、再度、オルニチンを飲もうと決めました。

あなたのニオイが気になるのは、肝臓の解毒作用が不完全なのかも知れません。
その可能性があるなら、まず、500円で始められる、協和発酵のオルニチンをお試し下さい。

↓オルニチン配合量が多いオルニパワーがおすすめ↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ