薄毛にもオルニチンが有効


髪の毛が薄くなってきた薄毛や抜け毛は、成長ホルモンが関わりあっていて、成長ホルモンの分泌が盛んになることによって、薄毛や抜け毛を停止することが出来ます。

・・と言う事は、成長ホルモンが、タンパク質の代謝を促しているので、髪の毛の成長や艶に関係してくると言うことです。

つまり、髪の毛の毛根に運ばれてくるタンパク質が髪の毛を支えていると言うことになります。

そのタンパク質は食物などからの栄養源を摂り、腸でアミノ酸に分解され、体内吸収によって、肝臓に送られてきます。

そして、肝臓から血液を通じて髪の毛の毛根に作用するというルートを経ているのです。

ここで、大切な事は、成長ホルモンを分泌する肝機能です。
肝機能が低下していて、肝臓が元気が無い場合は、合成すべきタンパク質がうまく行かず、毛根に運ばれるはずのタンパク質が少なく、また、質が低下しているので、抜け毛や薄毛になります。

そして、肝臓の機能として、優先順位があって、まずは、生命維持に直接関係するところへの対処を優先するので、髪の毛は後回しにされてしまう結果になります。

このようなことが、薄毛や抜け毛の原因と言われています。
まずは、肝機能を強化させることが大切なことです。

それには、オルニチンが強い味方となります。

肝機能低下のサイン

健康に不安が・・まず、肝臓を元気にさせることですが、その前に、今の自分の身体の状態を把握することです。
考えてみると、健康を損ねることをしていると、心当たりはあるかと思います。

その心当たりのある部分から改善を進めて行きましょう。
例えば、睡眠不足やアルコール類の摂り過ぎストレスなどが、ほとんどの原因だと思います。

その他に、手の平を見てみると、何となく赤くなっているとか、手の爪に横じまが出来たり、爪自体が黄色っぽくなっていると、注意が必要です。

特に、爪自体が黄色っぽくなっている場合は、胆汁の分泌障害が考えられます。
このようなことを改善をして、適度な運動も取り入れてゆくことが早く良くなる策となります。

それから、食事ですが、もう既に、このサイトで何度か取り上げていますが、「脂っこいもの」や「甘いもの」を過剰に食べる、そして、就寝前の食事は避けることです。

このようなことを改善すれば、肝臓の解毒作用の働きを軽減することができるので、肝臓自体の余裕ができるのです。

そして、出来れば、肝機能の助けとなり、成長ホルモンの分泌を増加させる、オルニチンを補給して行けば、より、丈夫な肝臓として働いてくれます。
とにかく、肝臓の働きを良くすることを考えて改善して行きましょう。

オルニチンの兄弟のアルギニン

薄毛はアルギニンとオルニチンオルニチンは成長ホルモンを誘導して働きますが、同じ、仲間でアルギニンと言うアミノ酸があります。

このアルギニンは、細胞を増殖する働きがあり、コラーゲンの生成にも特化していると言われています。

このアルギニンとオルニチンのダブルの効果を狙えば、成長ホルモンの分泌と細胞の増殖作用のダブル効果で、薄毛対策は強力になると考えます。

実際、海外では、薄毛対策として、医療機関で成長ホルモン注射での治療が行われているようです。
・・と言うことは、育毛剤よりも、成長ホルモンの強化の方が効果があるように思います。

薄毛と同じように、白髪の悩みですが、白髪も臓器が関係すると言われています。
腎臓が弱ると、ホルモンのバランスが崩れて、白髪になると言われています。

肝臓の存在

肝臓の働きこのように、髪の毛の異常は、遺伝だと考えたりしますが、実は臓器の健康に最も関係していると言うことです。

前にも述べた通り、肝臓からの働きで髪の毛の栄養分を毛根へ供給していることですが、私たちの身体の全てを考えてみると、髪の毛意外に、

爪、肌、眼、歯、など、全て、身体の支障が出ないように、肝臓から有効成分などを供給されているから成り立っているのです。

つまり、肝臓の働きで全ての臓器や器官が生きているのです。
例えば、外部からの有害物質などが、体内に入ったりした場合、肝臓から供給される有効成分が働いたり(免疫作用)、肝臓自体が解毒させたりしていることで健康を保っているのです。

↓オルニチン配合量が多いオルニパワーがおすすめ↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ