レバリズムLの成分と効果


肝機能を対策するサプリメントのレバリズムLですが、他のサプリメントよりも、一歩進んだ成分(素材配合)が評判を呼んでいます。

健康診断結果

まず、レバリズムLを購入される方は、健康診断や人間ドックなどで、血液検査を受けて、その検査項目の中で、γ-GTPやALTなどの肝機能数値が、異常な数値になっていたという、ショックを受けた方が多いようです。

肝臓疾患はゆっくりと進行してゆくので、何か身体の異常を感じた時点で、相当のダメージを受けていることがあります。

そのようなことにならないうちに、何か対策をしなければと考える方がサプリメントのレバリズムLを選ばれるということのようです。

もちろん、サプリメントもいいですが、基本は、食事の改善と運動です。
この、2つを積極的に行えればサプリメントは必要無いと思います。

でも、食事の改善と運動をすると言っても、ビジネスマンやオフィスレディなど、仕事をもっている方は厳しいのが現状です。

それに、肝機能が衰えるのは、中年に差し掛かった方が多いですね。

つまり、中間管理職などの地位になっている方が多いので、仕事で制約される時間が多いことです。

運動をするにしても、会社の休みの日曜日ぐらいしか時間がとれないというのが現実的だと思います。

そこで、肝臓の助けとなるレバリズムLなどのサプリメントを選ばれると言うことなのです。

それで、なぜ、レバリズムLが選ばれるのか?
これについて、レポートしますね。

レバリズムLは成分素材で選ばれる

しじみと牡蠣

レバリズムLと他の肝臓サプリメントとの違いは、素材配合です。
それは、しじみと牡蠣に含まれている成分です。

肝臓を助ける素材や成分は、いろいろありますが、まず、しじみのオルニチンと牡蠣に含まれているタウリンがベストです。

この2つですが、なぜ、肝機能に良いのかと言うと・・・

肝臓が悪い方の多くは、先ほどのγ-GTPやALTの数値が高い方です。

この、数値が高いのは、ほとんど、お酒の飲み過ぎ食生活と言うか・・過食や偏食によるものだと推測出来ます。

そして、それに付け加えるのが、運動不足です。

お酒を飲んで、過食や偏食、そして、運動不足となると、肥満になる・・・つまり、肝臓が肥満になる、脂肪肝の疑いが考えられます。

この、脂肪肝になると、次の段階には心筋梗塞などの生活習慣病が待ち受けています。

その対策になるのが、しじみに含まれているオルニチンと牡蠣に含まれているタウリンが効果的だからです。

しじみは昔から伝承されてきた、肝機能に良いと言われている、オルニチンという成分が多く含まれています。

そして、タウリンは、体内の中性脂肪を減らす働きがあります。

もちろん、肝機能の、解毒や代謝、そして、血圧の安定効果やコレステロール値の改善効果も期待出来ます。

レバリズムLには、これらの天然の素材が含まれているので、評判になって選ばれる結果となっているのです。

天然成分と製法が人気の秘密

レバリズムLの人気の秘密は、天然成分と製法です。
これが、他のサプリメントとの違いになります。

つまり、いい材料を使っていて、それを作り出す製法も優れているということです。

これが、効き目に反映します。

サプリメントは、いくら飲んでも、効いているのか?・・効いていないのか分からないという方がいらっしぃます。

つまり、実感しないと言うことです。

恐らく、実感出来ない理由は、飲み方など、いろいろありますが、素材と製法が良くないものが原因だと思います。

サプリが100円で売られている2人の疑問
極端な例として、100円ショップでもサプリメントは売られています。

これって、どうなの?

サプリメントって、こんなに安く作ることが出来るの?

疑ったりしますが、ものが違うということです。

レバリズムLは、有名産地から素材を仕入れて、その素材を生かすために独自の製法で作られています。

だから、満足度が97%という高い人気を得ているということです。
ただ、レバリズムは注文が殺到すると、欠品のおそれがあります。

これだけは、仕方ないことですね。

しじみのオルニチン

静岡産しじみ

肝臓と言えば、オルニチン効果です。

レバリズムLは、静岡県産のしじみを使ってのしじみエキスが含まれています。

その、しじみエキスには、オルニチンが含まれています。
この、オルニチンは、遊離アミノ酸と言って、タンパク質に存在しないアミノ酸です。

よって、単独でアミノ酸として、働くことが出来る優れものなのです。

それで、オルニチンが肝臓に良いと言う理由は、肝機能で最も重要な、解毒作用です。

この、解毒作用は、お酒や食事をすると、身体に悪いものが含まれています。

・・と言っても、普通の食事なのに、身体に悪いものって何?・・ということになります。

それは、例えば、お肉などタンパク質を食べると、胃や腸が分解します。
その分解する過程でアンモニアと言うものが発生するのです。

この、アンモニアは身体に悪いものなのです。
そして、これを、肝臓の解毒作用で解毒させています。

でも、あまりにも好きなお肉ばかり食べていたり、体を動かせない・・つまり、運動不足を続けていると、肝臓の解毒するパワーが衰えてくるのです。

その結果、何か体がだるい・・朝の目覚めが悪くなった・・などの異変に気づくことがあります。

これは、肝臓が弱っているという証拠といってもいいでしょう。

つまり、肝機能の解毒する力が衰えて、不完全なアンモニアが体を悪くしているということです。

そこで、オルニチンを補給することで、アンモニアの解毒を助けて、正常な解毒が出来るように促します。

これが、しじみに含まれているオルニチン効果です。
但し、食事を改めることと、体を動かすことも心がける必要があります。

いつまでも、良くない生活習慣を続けていても改善は出来ないということです。

牡蠣エキスのタウリンと亜鉛の効果

肝臓を守る食べものは、しじみと並んで、牡蠣があります。
その牡蠣から抽出した、エキスが牡蠣エキスです。

牡蠣エキスには、亜鉛やタウリンなど、肝臓を元気にさせるものがたっぷり含まれています。

その中で、タウリンは、しじみのオルニチンと同じ、肝臓の解毒を助ける働きや、肝臓に溜まった中性脂肪を排出させる効果に期待出来ます。

亜鉛の統計表

また、牡蠣に含まれている亜鉛は、精力剤の代表的な存在ですが、免疫力を高めたり、肝臓の細胞を作る過程でタンパク質の合成に必要な成分です。

よって、亜鉛が不足すると、肝炎などの肝障害になる可能性があります。

肝機能検査でGOTやGPTが異常数値になっているのは、肝臓の細胞の損傷が考えられます。

原因は、過剰なお酒の飲み過ぎやストレスなどの過労、また、ウイルスによる肝炎も考えられます。

これらの肝臓の細胞が壊れているのを回復させるのが、亜鉛や鉄、セレン、ビタミンB1、B2、などです。

もちろん、これらは、牡蠣に含まれている成分です。

そして、亜鉛などのミネラルとビタミンを補給することによって、肝臓の細胞を修復する働きがあるので、GOTやGPTの数値は正常に戻ります。

レバリズムLのスクワレン効果

深海鮫エキス

しじみと牡蠣の成分だけで、肝機能の回復は、おおよそ解決すると思いますが、忘れてはならない成分がレバリズムLには含まれています。

それが、スクワレンです。
スクワレンは、深海鮫の肝油に含まれている成分で、肝機能に優れた働きを示してくれます。

それは、肝細胞を作る力を強化する効果があります。

スクワレンも、しじみ同様に伝承されてきた万能薬ですが、酸素を補給する働きをもっています。

身体の中で、酸素を補給する・・と言えば、細胞が作る材料として、酸素が必要です。

特に、肝細胞は、損傷したり破壊したり、また、再生させたりの繰り返しです。

これらは、スクワレンの働きで、損傷や破壊した細胞を再生させるのです。

もちろん、肝臓だけではなく、全身の細胞の損傷にも、くまなくスクワレン効果が発揮されています。

この、スクワレンを配合している肝機能対策サプリは、レバリズムだけです。

ここに、注目したことが、レバリズムファンを呼んだ第一の理由かも知れません。

肝機能対策はレバリズムL

レバリズム-L

厚生労働省でのサイトを見てみると、検診などの血液検査を行った4人に1人は、何らかの肝機能障害を受けていると発表しています。

それほど、多い、肝機能障害ですが、健康診断などでの数値異常があっても、自覚症状が無いので、そのまま放置している人もいらっしゃいます。

肝臓は、悪くなっても、痛みを生じないのが特徴ですが、放置していると更に悪化することが考えられます。

つまり、「事の重大性を感じた時は、既に遅し」ということです。
そのようにならないように、まず、肝機能を強くすることです。

それには、レバリズムLのような、肝機能を助けるサプリを飲んでみるのも1つの対策になります。

レバリズムLの素材優先サプリメントを一度お試しになってはいかがでしょう。

↓レバリズムLの公式販売サイトはこちら

↓レバリズズム関係記事はこちら↓
レバリズムLで肝パワーをアップ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ