オルニチンとタウリン・・それともウコン?


成分を説明する女性肝機能をサポートする成分ですが、オルニチンとタウリン・・そして、ウコンが良いと言われています。

これらの成分を全て摂れば良いと言うことになりますが、自分には、まず、何が不足しているのか?

そして、何を摂れば良いのか・・・このように思われている方って多いと思います。

よって、肝臓に良い、オルニチン、タウリンそして、ウコンについてお話ししますね。

オルニチンは肝臓の解毒を助ける

しじみ汁オルニチンと言えば、しじみ汁ですね・・

日本の伝統食であり、お酒での肝臓への負担を軽減くれるのが、しじみに含まれているオルニチンです。

オルニチンは、肝臓の解毒を助ける、オルニチン回路に働きかけるので、お酒を良く飲む方には、まず、オルニチンをおすすめします。

オルニチンは、有名メーカーの協和発酵バイオのオルニチンの評判がいいですね。

協和発酵バイオのオルニチンは、しじみに含まれているオルニチンを独自の発酵技術で作り出したものなので、しじみ、そのものをエキスにしたものではありません。

そして、協和発酵バイオのオルニチンは、オルニチンだけを補給出来る点がメリットです。

しじみサプリと言われているものは、主に、しじみに含まれているもの、全てをエキスにしています。

これには、鉄分も入っています。
この、鉄分は、C型肝炎や非アルコール性脂肪肝炎、肝硬変の疑いがある方にとって、NGです。

その理由は、肝臓はもともと、鉄を溜め込む性質があるので、しじみサプリを飲んでいると、過剰に鉄を蓄えてしまうことが考えられるからです。

鉄が過剰になると、身体を攻撃する、悪玉活性酸素が活動することが考えられます。

この、悪玉活性酸素は鉄を酸化させるので、臓器内のミトコンドリアにダメージを与えるのです。
これが、肝機能を衰えさせる可能性があります。

よって、協和発酵バイオのオルニチンは大丈夫と言うことです。

タウリンは、脂肪肝対策になる

中性脂肪の男性肝臓が弱る原因の1つは、脂肪肝です。
脂肪肝とは、肝臓が肥満になることをいいます。

この、脂肪肝になると、何かと肝臓へダメージを与えます。

また、肝臓だけではなく、糖尿病や高血圧など、生活習慣病へ進行するリスクを背負ってしまいます。

その、脂肪肝の対策になるのが、タウリンです。
タウリンは、脂肪肝である、中性脂肪を排出させる作用をもっています。

また、肝細胞の再生も得意としています。
飲酒や暴食で弱りかけた肝臓を、速やかに再生させて、リセットさせるのです。

更に、コレステロール値の改善にも良い働きをしてくれます。

これは、胆汁酸の働きですが、コレステロールの分泌を促す働きをもっていて、ここに、タウリンが働きかけると言うことです。

この、タウリンを補給するには、牡蠣やイカ、タコなどを多く食べることですが、サプリメントを飲む方が効率良く摂取することが出来ます。

おすすめは、肝パワーexプラスと、レバリズムLです。
どちらも、国内の有名産地からの牡蠣を使っているので、タウリン補給にはおすすめです。

ちなみに、レバリズムLは、タウリンの牡蠣としじみのオルニチンも含まれています。

ウコンは胆汁の生成を促進させる

ウコンも肝臓に良いと言われています。

そのウコンですが、春ウコン、秋ウコンなど、いろんな種類がありますが、肝臓を助けると言われているウコンは、秋ウコンです。

この、秋ウコンは、クルクミンという成分が豊富に含まれています。

その、クルクミンはポリフェノールなので、胆汁の生成を促進させるのです。

具体的には、クルクミンは抗炎症作用があり、抗酸化作用も優れています。

この特徴が肝臓の数値を正常に保つ働きに期待出来るということです。

しかし、クルクミンは、体内での吸収率が低いため、効率的に期待できるものではありませんでした。

つまり、毎日、ウコンを摂っていても、肝機能に働いてくれるパワーが低いということです。

セラクルミンと機能性表示食品

そこで、クルクミンを微細化分散することによって、高い吸収性を上げることが可能になったのです。
その、微細化分散に成功したのが、セラバリューズという会社で、クルクミンの吸収性を約27倍に高めることに成功しました。

これにより、今までのウコンの効果は大いに期待出来るということです。

セラクルミンは機能性表示食品

先ほどの、クルクミンの吸収性を約27倍に高めた、セラバリューズは「セラクルミン」というサプリメントを発売しました。

発売開始が、2016年7月27日なので、まだ、発売したばかりの商品ですが、セラクルミンは機能性表示食品です。

セラクルミンの肝機能数値対策図
つまり、肝機能数値のγ-GTPやGOT、GTPという数値対策に期待出来るサプリメントなのです。

実際、セラクルミンを1日2粒(180mg)飲む試験を1ヶ月継続して行った結果、γ-GTPやGOT、GTPの数値が12%〜15%低下したということです。

これらのエビデンスを元に、機能性表示食品として認められたのです。

今まで、肝機能の対策サプリでトクホ(特定保健用食品)は、もちろん、機能性表示食品も存在していませんでした。

そこで、始めての機能性表示食品となった、セラクルミンは期待出来るサプリメントだと言えます。

但し、機能性表示食品のサプリと言っても、医薬品ではないので、飲みさえすれば完治するものではありません。

あくまで、健康食品なので、不足しがちな栄養を補給して体質を変化させるという目的のものです。
よって、長く飲み続けることで実感につなげてゆくというものです。

 

↓ウコンサプリでおすすめはこちら↓

オルニチンやタウリンなどの、肝臓に良いと言われているサプリまとめ

協和発酵バイオオルニチン

鉄分が含まれていない、オルニチンのみを配合

肝パワーEプラス

牡蠣(タウリン他)、南高梅(クエン酸)、ジャンボにんにく(スコルジニン他)を配合

レバリズムL

牡蠣(タウリン他)、しじみエキス(オルニチン他)、深海鮫エキス(スクワレン)を配合

しじみ習慣

しじみ汁、そのものを濃縮してカプセルに詰めています。

しじみん

しじみの身だけではなく、しじみの貝殻を粉末にしたカルサイトを配合

スルフォラファン

ブロッコリースプラウト(新芽)の抗酸化作用で肝機能予防

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ