肝機能検査のガンマ(γ-GTP)とエーエルティー(ALT)


肝機能が心配今や3人に1人は肝機能検査で異常値の警告を受けているようですね。
これは、人間ドックでの肝機能検査統計によるものです。

特に、お酒を飲まれる方が多い傾向があって、また、運動不足や外食ですませている方に多く見受けられます。

その、代表的なものが、脂肪肝です。
肝臓が脂肪で太っている状態のことです。

脂肪肝になると、やがて肝炎に発展することが多いので、まず、人間ドックや健康診断で肝機能検査を受けることをおすすめします。

でも、3人に1人と言う統計が出ているということは、あなたも高い確率で肝機能が弱っているかも知れませんね。

今回は、肝機能検査での数値についてレポートします。

肝機能の検査項目はたくさんありますが、最低限、これだけはおさえておけばというものを分かりやすく説明しますね。

エーエルティー(ALT)とガンマ・ジーティーピー(γ-GTP)

血液検査肝機能検査では、ALT、AST、γ-GTP、ALP、総ビリルビンなどの検査項目がありますが、肝臓で最も重要なのが、エーエルティー(ALT)です。

まず、肝機能検査は血液検査・・つまり、血をとって検査するというものです。
この、検査で気になる項目は、エーエルティー(ALT)です。

以前は、GPTと呼んでいましたが、今はエーエルティー(ALT)と言います。

この、エーエルティーは肝機能の現状を知る最も重要な検査項目になります。

厚生労働省のホームページでも、記載しているとおり、ALTが30を超えると異常値になります。
では、ALTは何なのかと言うと・・

それは、肝細胞内での酵素のことで、その酵素の働きは、主にアミノ酸の代謝を行っています。

その、アミノ酸の代謝がうまく出来なくなって、肝細胞が壊れて、それが血液に流れだしている数値のことです。

血液を調べてみると、30を超えている・・・つまり、今、肝臓が障害を受けているということになるのです。

ALTの異常を放置すると肝硬変と肝がんが待っている

肝細胞の修復肝機能検査での、ALT数値が30を超えた状態で放置していると更に良くない結果になります。

それは、肝硬変や肝がんに発展する可能性が高くなるということです。

私たちの体は、ダメージを受けた部分の修復をする機能が備わっていて、肝細胞が壊れてしまっていると、その部分の修復をします。

つまり、再生させるのです。
でも、もともと、破壊されている細胞なので、再生しても、また、破壊します。

この、破壊と再生を繰り返していると、線維化と言って、結合組織が異常増殖にます。

その結果、組織が硬くなってしまい肝硬変を起こしたり、組織が破壊された状態が長く続くと、肝臓がんに進行するリスクが高くなります。

ガンマ・ジーティーピー(γ-GTP)

健康診断結果γ-GTPは、肝臓や腎臓で作られて、タンパク質を分解したり、合成する働きをしています。

これも、γ-GTPが増えると、肝細胞や胆汁、胆管細胞から血液へ流れ出して、γ-GTP数値が高くなります。

また、肝障害の影響で胆汁がスムーズに流れない、又は、胆管細胞が破壊されるとγ-GTPが高い数値になります。
γ-GTPの数値異常は、50IU/Lより高くなると異常数値です。

この、異常数値になる原因は、主にお酒の飲み過ぎです。
昔から肝臓の病気は、お酒の飲み過ぎと言われていますが、その通りです。

ただ、全くお酒を飲まない人でも、肝臓を悪くする、非アルコール性脂肪肝炎(NASH:ナッシュ)になる場合もあるので、注意が必要です。

脂肪肝は肝障害になる入り口

中性脂肪が肥満に冒頭で、少し触れました脂肪肝にならないよう注意が必要です。

脂肪肝もお酒を多く飲んだり、暴食・・・そして、運動をしないという生活習慣から発症することが多くあります。

また、脂肪肝から肝硬変、そして、肝がんになるリスクを伴います。

昔は脂肪肝という病気は、さほど大した病気ではないと言われていましたが、今や、脂肪肝は肝障害になる入り口のような存在です。

脂肪肝は前に述べたように、肝臓が太る・・・つまり、中性脂肪が溜まる病気です。

食事で得た脂質やブドウ糖などが、うまくエネルギーとして、変換出来れば脂肪肝として蓄積されないので問題ありませんが、食べ過ぎや偏った食事や寝る前に食べるなど、食生活の乱れや運動をしないでいると、腸で吸収され、その後、肝臓へ送られ中性脂肪になってしまいます。

これは、細胞内のミトコンドリアの数が少ないことや、ミトコンドリアのパワー不足によるものだと考えられます。

運動やバランスのとれた食事を摂っていると、ミトコンドリアの働きが活発化するので、エネルギーへの変換を効率よく行ないますが、不節制な生活を続けていると脂肪肝を溜め込むことになります。

このような、脂肪肝にならないように、まず、適量でバランスのとれた食事と運動、そして、ストレスや睡眠にも気を使うことで改善出来ます。

また、食生活の改善の補助役として、期待出来るのが、しじみを主原料としたサプリメントです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ