肝臓の解毒作用


肝臓の働きで、いちばん関心することは、解毒することです。
解毒って、毒を無毒にすると言うことで・・例えば、お酒を飲み過ぎても、二日酔いにかからないのは、肝臓がしっかり解毒しているからです。

肝臓へお酒が入り込むと、アルコール脱水酵素が働いて、肝臓の毒性の強いアセトアルデヒドと言うものに変身します。
でも、肝機能は優れていて、これを、無毒化して、正常な状態にするのです。

ところが、肝機能が低下していると、アセトアルデヒドと言う物質がそのまま身体に残ってしまうので、二日酔いになると言われています。
この、肝臓の機能低下ですが、放置していると、慢性化してゆくことになり、次第に肝臓も弱り果ててしまいます。
その結果、どのようになるかは、もう、既にお分かりだと思います。

では、すぐにでも、肝臓を活発化することが必要になってきます。
それには、暴飲暴食を避け、十分な睡眠、ストレスを無くし、そして、軽い運動とバランスのとれた食事が必要です。

そして、週に1〜2日はお酒を飲まない日を設けることも良いでしょう。
いちど、肝臓を休ませると言う意味で、上記のことを、徹底的に実行すれば、肝臓も良くなります。

でも、アルコールが肝臓に与えるダメッジは相当なものですが、お酒だけはやめられないと言う方が多いことと、飲みだしたら、酔が回るので、余計に深酒になることが、肝臓を痛めつける原因になってしまいます。
要するに、分かっちゃいるけどヤメラレナイと言うことです。

では、少しでも、改善することを、考えて、日頃から、肝臓の手助けをする、オルニチンサプリを飲むことをオススメします。
オルニチンは、遊離アミノ酸なので、直接、肝臓へ働きかけるので、肝臓にとって、お助け舟のような存在になります。まずは、健康から取り組むことが大切ですね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ