スルフォラファン γ-GTPとALTを改善


 

スルフォラファン

今、肝臓サプリの中で、いちばんに、おすすめしたいのが、スルフォラファンです。

もう既に、テレビや新聞などで、スルフォラファンの効果についてはご存知だと思いますが、肝機能検査で特に気になるのは、γ-GTPとALT数値ですね。

この、γ-GTPは、主にお酒の飲み過ぎでγ-GTPが多く作られて、血液中に流れだして数値に現れると言うことです。

γ-GTPの基準値は50IU/L以下なので、この数値より高くなっていると肝機能異常ということになります。

また、ALTの数値が高いということは、肝細胞が破壊されて、血液に流れ込んでいることが考えられます。

ALTの基準は30IU/L以下が正常です。

健康診断や人間ドックの検査結果で、これらの数値が気になりだしたら、スルフォラファンをおすすめします。

その、おすすめの理由は、次のスルフォラファンは肝機能改善(γ-GTP、ALT)でお話しします。

スルフォラファンは肝機能改善(γ-GTP、ALT)

嫌いなブロッコリーを持つ少年東海大学の研究チームがブロッコリーの新芽である「スルフォラファン」を摂ると肝機能の改善が見られたと発表されました。

これは、実際、ヒトの試験での結果なので、スルフォラファンは、大いに期待出来るということです。

そして、スルフォラファンは抗酸化作用があり、これが、悪玉活性酸素を撃退して、肝臓の働きの改善を目指します。

肝臓の働きは、主に代謝、解毒、胆汁分泌と言われていますが、これらの働きの中で、スルフォラファンは、解毒に働きかけて肝機能を改善します。

それで、肝臓の機能の解毒作用ですが、私たちは、食事やお酒を飲みますが、これらはアルコールや酸化物質などの有害なものが含んでいます。

これを肝臓が解毒させて無害なものに変換しているので、私たちは健康を保つことが出来るのです。

でも、お酒を過剰に飲んだり、不健康な生活を続けていると、肝機能が低下することによって、肝機能の解毒する力が衰えてしまうのです

そこで、スルフォラファンは、このような、肝機能の防御する解毒や抗酸化、抗炎症に優れた働きをします。

つまり、スルフォラファンを摂取することで、γ-GTPやALTの数値を下げると言う改善効果に期待出来ると言うことです。

実際の検査では、γ-GTPは、11.1U/L、ALTは、12.1U/L改善したということです。
これは、52人の男女を対象に、スルフォラファングルコシノレート10mgを1日3カプセルで2ヶ月間摂取した試験の結果です。

↓これの詳細は、下記サイトで確認出来ます。↓
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/023303.php

(スルフォラファングルコシノレートは、体内で分解することによって、スルフォラファンに変化します。)

スルフォラファンで脂肪肝対策

肝臓に脂肪が!最近、脂肪肝という言葉をよく耳にします。
脂肪肝は、肝臓に脂肪が溜まる・・つまり、肝臓が肥満になることです。

しかも、脂肪肝になっていても、自覚症状が無いので知らないまま、肝臓が危険な状態へと導かれていくことがあります。

もちろん、健康診断や人間ドックを受けていると、先ほどのγ-GTPの数値が高くなり、自分は脂肪肝だと判明します。

この、脂肪肝ですが、昔はそれほど、気にする病気では無かったというか・・・軽視されていたようです。

でも、この脂肪肝が進行すると、肝炎や肝硬変、そして、肝臓がんへと発展することが分かってきたのです。

脂肪肝がこのような大きな病気の原因になる恐れがあるので、肝機能数値が正常値よりも高くなった時点で、肝機能対策をすることが必要です。

それに、肝臓は、弱音をはかない・・・自覚症状を伴わない臓器です。
よって、痛み出した頃には、即、入院と言うことになったりします。

肝臓は、このような臓器なので、胃の痛みとは違った対応が必要になります。
それには、決め手となるのが、生活習慣の改善です。

詳しく言うと、食事と運動、そして、睡眠やストレスが関係してきます。
これらを改善することが、肝機能の改善につながります。

それで、食事療法の手助けとなるのが、スルフォラファンサプリです。

あくままで、スルフォラファンサプリは、食事の補助役ですが、効率よくスルフォラファンを摂ることが可能になります。

ご興味のある方は下記のスルフォラファンサプリをご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ